便器に付いた尿石の落とし方・オススメ除去剤【トイレ掃除】

尿石の落とし方

トイレにこびりつくいや~な尿石、見た目が悪いのはもちろん、悪臭の原因にもなる非常に困った存在です。しかも便器に固くこびりつくため、ブラシで擦ってもちょっとやそっとじゃ全然落ちません。かといってドライバーなどで無理やり削ると便器自体が欠けてしまう恐れがあります。しかも厄介なことに、尿石は市販の洗剤では中々落とせないのです。

今回は尿石ができる原因と落とし方、オススメのプロ用除去剤をご紹介致します。

 

尿石とは?

尿石とは読んで字のごとく、尿が石のように固まってしまった汚れのことを指します。公衆トイレに茶色いシミ汚れがべったりくっついているのを一度は見かけたことがあるかと思いますが、アレが尿石です。

尿石は尿が固まった物ですので、当然雑菌が多く酷い悪臭の原因になります。公衆トイレが非常に臭いのも、こびりついた尿石が中々取れないためです。また、便器が茶色く(もしくは黄色く)変色するのも、尿に含まれる色素が関係しています。

便器に尿石ができる原因

尿石は尿に含まれるカルシウムイオンが濃縮、および空気と反応して固まることで発生します。尿石は便器の洗浄、水で流す回数が不足すると発生しやすく、便器内、小便器のトラップ、配管内に溜まり易いのが特徴です。尿石が酷い現場だと、排水不良や詰まりが発生する場合もあります。

特に小便器や公衆トイレなどは、洗浄ボタンを押さない人が多く、尿が流れたまま洗浄されないため尿石が発生しやすいとされています。(自動洗浄タイプの方が、尿石が発生しづらいと言われています。)

そのため、公園のトイレ、公共施設、飲食店、居酒屋、ホテルなどでたびたび尿石が問題となっています。

尿石の予防法は?

上記の通り、尿が溜まり長時間放置すると尿石が発生しやすくなります。そのため、毎回たっぷりの水で綺麗に流すのが一番の予防法となります。「小便だからちょっとの水でサッと流す」という方も稀にいらっしゃいますが、便器内に溜まった水の尿濃度が高くなりますのでしっかりと流すようにしましょう。また、小さなお子さんがいる場合は、便器の水を必ず流すように丁寧に指導しましょう。

しかし、いくら清潔に使用していても10年、15年という長い期間でみるとどうしても尿石がこびりついてしまいます。やはり、便器のこまめな掃除が一番の対策方法と言えるでしょう。

公共施設・店舗向けの尿石予防法

近年では、トイレメーカー様より尿石除去機能・発生防止機能付きの便器も多数販売されているそうです。水洗便器の洗浄水にサニタイザーと呼ばれる尿石発生防止剤を添加して洗浄水を流す、という手法も取られているそうです。

ですが、一般家庭のトイレにその機能を付けるという段階にはまだまだ至ってないのが現状です。尿石発生防止剤を加えるために、トイレの設計的なコストが高く付いてしまうためと考えられます。

トイレに付いた尿石の取り方、除去方法

さて、いよいよ本題の尿石の落とし方について解説します。このページを見に来られている方々は既に尿石についてお悩みのことと思います。一度尿石が付いてしまったら、もう掃除で落とすしかありません。効果的な尿石の除去方法をご紹介します。

トイレ掃除

軽度の汚れには市販洗剤と湿布法

最も簡単な掃除方法は市販のトイレ用洗剤です。市販の洗剤を使いスポンジブラシなどで清掃します。最もポピュラーな方法で有名メーカー品であればすぐ手に入るのが魅力です。

尿石除去に使う場合は、トイレ内に水が溜まっているようならばまず水を抜きます(灯油用ポンプなどが手軽です)。水を抜いたら汚れに直接洗剤を塗布します。ただし、液だれして流れてしまうと効果が無くなってしまいますのでキッチンペーパーなどに薬剤をしみ込ませてから湿布のように貼り付けるのが効果的です(トイレットペーパーなどでは紙が溶けて流れてしまうのでキッチンペーパーがオススメです、ただし詰まりの原因になりますので便器には流さないように注意してください)。数十分放置したら湿布を剥がしスポンジブラシで擦ればOKです。

ただし、家庭用洗剤ですので時間が経って固くなってしまった尿石にはあまり効果がありません。日々の軽度の汚れに対して使うのが良いでしょう。

清掃専門業者に依頼する

軽度の尿石汚れならば個人でも対処できますが、重度の尿石汚れは清掃専門業者に依頼してしまうのも一つの手です。特に尿石による配管詰まりなどは、素人では対処できません。トイレ詰まりや配管洗浄などの専門業者、もしくはハウスクリーニング業務を行っている業者に依頼すると良いでしょう。ただし、ハウスクリーニング業者の中にはトイレ清掃が専門ではない所もありますので、事前に詳しく話を聞いておくのをオススメします。

最も確実な方法ですが、費用が高く付いてしまうのが悩ましいポイントです。

金ダワシ、金属ブラシ、ドライバーで削り取るのはNG

金属タワシはダメ

絶対にオススメできないのが、金ダワシ、金属ブラシ、紙ヤスリ、ドライバーなどで尿石を削り取る方法です。これは尿石だけでなく、便器の表面も削り取ってしまいます。便器はもともと表面がツルツルしており汚れが付きにくい構造になっていますが、金ダワシ等で削ると表面に溝のような細かな傷が沢山できてしまいます。

表面に傷が付くと、そこに汚れが溜まり易くなってしまいます。一時的には尿石が落ちて綺麗な見た目になりますが、傷ついた便器は汚れが溜まり易く、さらに落ちにくくなってしまいます。そのため、汚れを削り取る方法はオススメできません。

業者用の尿石専用除去剤を使う【オススメ】

そこでオススメしているのが業者用の尿石専用除去剤の使用です。尿石はアルカリ性の性質を持っているため、酸性の液剤で溶かして落とすのが主流になっています。ただし、プロ向け洗剤は効果が非常に強力なので一般的にはほとんど販売されていません。また、毒物劇物に指定されている薬剤(強力な薬剤を使用しているということ)も多く、中々一般の方では入手できないというのが現状です。

そこで今回は、プロ御用達の尿石除去剤の中でも普通物(毒物劇物ではない)、かつ効果もバッチリで評価の高い薬剤をご紹介します。

尿石の除去にはドラゴンがオススメ!

当サイトでオススメしているのが「ドラゴン」です。清掃専門業者が開発した尿石専用除去剤で、公共施設トイレ・高速道路トイレ・企業トイレなど様々な場所で使用されています。プロが愛用する除去剤でありながら、毒物劇物を使用していないため一般の方でも安心して使用することができます。

尿石除去剤dragoon

尿石除去剤ドラゴンのポイント

  • 時間が経って固くなってしまった尿石を強力に落とします
  • プロ向けの強力洗剤が欲しい方に
  • 毒物劇物を使用していないため、一般の方でも使用可能

 

尿石除去剤ドラゴン 使用事例1

男子用小便器の尿石

男子用小便器にこびり付いた尿石の除去にdragonnを使用します。こういう細かい場所はブラシ等が入りにくく非常に掃除しにくいため、このように尿石が溜まってしまうケースが良く見られます。

dragoonをかける

トラップ内の水を抜いてからドラゴンの原液を注ぎ入れます。この時、周囲に金属部品が無いことを確認してください。

ドラゴンを入れた直後から、薬液が尿石と反応して泡立ちます。酸性の薬液が尿石をシュワシュワと溶かしている様子がよくわかります。ドラゴンは毒劇物を使用していないため、有毒ガスは発生しないのでご安心ください(尿石を溶かす際に発生しているのは安全な炭酸ガスです)。

部品もdragoonで漬け込んでおきます

小便器内の受け皿にも尿石がこびりついているため、ドラゴンで浸け込んでおきます。その他の部分的な汚れにはキッチンペーパーに薬液をしみ込ませ、湿布のように貼り付けておくと良いでしょう。

受け皿の汚れ

ドラゴンに浸け込んだ受け皿もこんなに綺麗になりました。

dragoon使用後の小便器

薬液を注いで数十分浸け置きしたら、水で流して作業終了です。あんなにびっしりこびついていた尿石もバッチリ落とすことができました。白くピカピカになっていて非常に気持ちが良いです。

作業前と作業後の比較

ドラゴン使用前と使用後の比較になります。あんなに汚らしかったトラップ内の尿石もバッチリ落とすことができました。やはり綺麗な便器は気持ち良いですね!

尿石除去剤ドラゴン 使用事例2

男子小便器掃除前

コチラはとある企業の男子小便器についた尿石除去の様子です。見るだけで気持ち悪くなってしまうような尿石の塊がびっしりくっついています。ここまで沢山付いてしまうと市販の洗剤では中々落とせません。

尿石除去後の様子

ドラゴンでの洗浄後の様子がコチラになります。いや~な尿石もバッチリ取れているのがわかります。

液だれする場所には、キッチンペーパーにドラゴンをしみ込ませ、湿布のように貼り付けて浸け置きします。しばらく時間をおいてブラシで擦っただけで見違えるように綺麗になりました。使うのも嫌になるような汚い便器だったのですが、綺麗になり気持ち良いです!

尿石除去剤ドラゴン 使用事例3

小便器の目皿

コチラも男子小便器についた尿石除去の様子になります。小便器の目皿の裏にビッシリ尿石が付いているのがわかります。綺麗好きな人なら目を覆いたくなるような光景です。これにドラゴンを注いで浸け置きしておくことで写真のようにキッチリ綺麗に除去できました。

尿石除去の様子

ポリバケツに目皿を置き、ドラゴンを注いで浸け置きします。薬液が尿石を溶かしている様子がわかります。バケツの中が溶けだした尿石で黒く濁っています、それほどよく取れるということですね。

 

商品を使用した感想 みんなの声

ご購入者様
【一般・男性】★★★★★
引っ越し先のトイレがサビたように茶色い汚れがびっしりついていました。力を入れて擦っても全く落ちず、クエン酸やトイレハイターを入れて丸一日放置しても全く落ちませんでした。ネットで調べたら尿石という汚れだと知り、色々試してみましたが全然ダメで本当にイライラしてしまいました。トイレ自体を丸ごと交換することも考えたのですが、工事の見積もりを取ってみたら結構な金額で途方に暮れていました。
この薬剤を購入する際もほとんど信じておらず、半ばやけくその勢いで買いました。今日試してみたところ、あれほど悩んでいた尿石が綺麗に落ちて驚きました。勢いでトイレを交換せずに本当に良かったです。トイレの水を灯油用のシュコシュコするやつで抜いて、ドラゴンを投入。泡立ち始めたので(このあたりからもしや・・・と期待し始める)1時間放置、その後覗いてみると液体が赤茶色に変化していました。まさか・・・!と思いつつトイレブラシで擦ってみたら尿石のガリガリ感がない。水で流したら便器が真っ白になっていました。ついに尿石に勝ったとガッツポーズ!最初は高いかな?と思いましたが、憎い尿石除去ができるなら全然安い買い物でした。大満足。
ご購入者様
【一般・男性】★★★★★
恥ずかしながら男性用トイレは12年間表面しか清掃しておらず、尿の流れが悪くなったので何事かと思い確認してみたら便器底の蓋・排水溝に尿石がべったり。あまりの汚れに卒倒しそうになりましたが、友人に尿石除去剤があると教えてもらい早速購入し清掃にとりかかりました。専用除去剤でもこれは無理かな、と半ば諦めていたのですが薬液を注いで1時間程放置すると見違えるように綺麗になりました。これからは年一回はこれを使いたいと思います。
ご購入者様
【一般・女性】★★★★★
築15年のトイレにこびり付くように尿石が付いてきたため購入しました。これまで何度かサンポールで尿石を取ろうとしましたが、1~2mm程の厚い尿石が堆積していて全く歯が立ちませんでした。皆さんのレビューのとおりに灯油ポンプで便器の水を吸い取り、ドラゴンを直接注ぎ、約5時間後に水で流してブラシでこすり、見事に取れました。軽く擦るだけで面白いように尿石が落ちました。この商品はかなりの効果があると思います。効果が強い洗剤だから仕方ないのでしょうが、多少刺激臭があるのでマスクを着用して換気扇を回しながら作業をした方が良いと思います。また購入したいです。
ご購入者様
【一般・女性】★★★★★
今まで粘り気のある液体タイプや錠剤タイプの洗浄剤を使っていたのですがほとんど効果が無く諦めかけていました。そんな中コチラの商品を発見したので使用してみました。洋式トイレに溜まった水をポンプで取り出し、ドラゴンを注いで30分放置。すると見事に綺麗さっぱり尿石が無くなっており、トイレ本来の白さが蘇りました。欲を言うと500mlの小型タイプを出してくれると助かります。
ご購入者様
【一般・女性】★★★★★
諸事情で実家に息子たちだけしかいないのですが、トイレの掃除をキチンとできるはずもなく、尿石や黒ずみ、水垢などの汚れがびっしりと付いてしまいました。何とかしなくてとは思いつつ近所ですぐ手に入るような市販の洗剤や、紙ヤスリなんかでは中々太刀打ちできず、もう便器ごと交換するしかないかと諦めていました。ひょっとしたらと思いネットで検索したところコチラの商品がヒットして、レビューを拝見するとかなり期待できそう!ダメもとで注文して早速使用してみたら、一回でピカピカになりました。絶対オススメです!定期的に使用するつもりです。

 

尿石除去剤ドラゴン 使い方

使用できない材質

  • アルミ・ステンレスなどの金属、合金類

※薬液が付着すると変色する恐れがありますので、あらかじめ取り外しておいてください。

事前準備

  • 周囲に金属類がある場合は上記のように、取り外しておきます。もしくはテープで養生してください。
  • 十分に換気をしながら作業を行ってください。

使用方法

  1. 便器内・トラップ内に溜まった尿石を除去する場合には、トラップ内の水を抜いておきます。(灯油用ポンプなどを使うと効率的です。)
  2. トラップ内には薬液を原液で直接注ぎます。液だれする場所にはキッチンペーパーなどに薬液を含ませて湿布のように貼り付けます。(使用後のキッチンペーパーは詰まりの原因になりますのでトイレに流さないでください。)取り外し可能な部品は、ポリバケツに入れドラゴンを注いで浸け置きします。
  3. 1時間ほど放置します。
  4. スポンジブラシ等で軽くこすり、汚れを落とします。
  5. 最後にたっぷりの水で流して終了です。(効果の強い洗剤ですので、最後は必ず洗い流してください。)

使用上の注意

  • 他の薬剤と混用しないでください。特にカビ取り洗剤(次亜塩素酸ナトリウム)とは絶対に混ざらないようにご注意ください。
  • 用途以外には使用しないでください。
  • 作業の際には必ずゴム手袋・保護メガネを着用してください。
  • 必ず換気をしながら作業を行ってください。
  • アルミ・ステンレスにはご使用になれません。

応急処置

  • 万一(原液または希釈液を)飲み込んだ場合はすぐに水で口をすすぎ、アルカリ飲料水を飲ませ、医師の診断を受けてください。
  • 液が眼に入った場合はすぐに流水で15分以上洗眼し、医師の診断を受けてください。
  • 皮膚に付着した場合はすぐに水・石鹸等で洗い流してください。

尿石除去剤ドラゴンご購入はコチラ

尿石除去剤dragoon

 

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 ドラゴン 1リットル 1リットル  3,087円
 ドラゴン 4リットル
送料無料
4リットル 11,880円