お風呂の石鹸カスの落とし方・掃除の仕方【オススメ洗剤ご紹介】

お風呂場に白くこびり付く石鹸カスの汚れ、これがもう本当にしつこくて全然落ちないんですよね。水垢ならお風呂の洗剤でゴシゴシ擦れば落ちるのですが、石鹸が溶けて固まった石鹸カスは非常に固く、普通の洗剤では中々落ちません。白地のタイルなら目立たなくて良いんですが、暗めのタイルだとどうしても白い汚れが目立ってしまいますよね。そこで今回は厄介な石鹸カスの原因と落とし方について解説いたします。

お風呂場に石鹸カスができる原因

石鹸カス

石鹸カスの汚れには二種類あります。体を洗った後の垢や皮脂汚れと混ざった石鹸カスと、水道水に含まれる微量成分(カルシウムやマグネシウムなど)と混ざった石鹸カスです。

皮脂汚れの石鹸カス

通常、石鹸は肌の皮脂汚れを浮かして落とします。そのため、皮脂汚れとくっついて流れ落ちていきます。この皮脂汚れと石鹸が混ざったものが石鹸カスとなります。この石鹸カスには雑菌が溜まりやすく、ヌメリや黒ずみ汚れ、カビの原因にもなります。ですが比較的落としやすく、市販の家庭用お風呂洗剤でもしっかり擦れば落ちる場合がほとんどです。

水道水と反応してできた石鹸カス

タイルや蛇口などにうっすらと出る白い汚れ、これが水道水と反応してできた石鹸カスになります。厄介で落ちない汚れとされるのが、ほとんどの場合はコチラです。

石鹸の成分と水道水に含まれる微量成分(カルシウムやマグネシウム)が反応してできるため、石や金属に近い性質を持っています。そのため、皮脂汚れやカビ汚れに特化した家庭用の洗剤では落ちないのです。

石鹸カスの予防方法は?

一度できてしまうと非常に厄介な石鹸カスですが、その予防方法はあるのでしょうか?

石鹸を使った後に泡をしっかりと流す

基本中の基本ですが、石鹸使用後に残っている泡には石鹸の成分と皮脂汚れがたっぷりと溜まっています。手や体を洗ったあとはたっぷりの水で流すようにしましょう。ヌメリや黒ずみ、カビなどの発生を抑えられます。

白い汚れが出始めたらすぐにスポンジで擦る

非常に厄介な白い汚れ(水道水と反応してできたもの)は残念ながら予防方法がありません。石鹸と水道水の成分が反応してできるため、使用すればどうしても汚れが付いてしまいます。しかしこの汚れ、発生初期はそこまで固くないため、薄っすらと付いた程度の時期であればスポンジで強く擦れば落とすことができます。

見てから掃除していては間に合わないため、こまめにスポンジで擦るのが一番の対策方法と言えるでしょう。ただし、都度掃除できれば良いですが、労力や時間を考えると中々難しいという人も多いと思います。

石鹸カスの落とし方、掃除の仕方

石鹸カスの掃除

それではいよいよ石鹸カスの落とし方について解説していきます。

初期の石鹸カス

比較的初期の石鹸カスであれば、市販の洗剤とスポンジで力を入れて擦れば落ちます。

メラミンスポンジ(ヤスリのような固いスポンジ)を使用して汚れを落とすという方法もよく聞きますが、樹脂加工されている浴槽や特殊な表面加工がされている鏡は傷になってしまう場合があります。目立たない部分で少し試してから本格的に使用するのをお勧めします。

重度の石鹸カス(固まってしまった石鹸カス)

おそらく、この記事を読んでくれている方のほとんどがコチラの汚れだと思います。時間が経ち固まってしまった石鹸カスは非常にかたく、擦っても全然落とすことができません。また前述した通り、水道水と石鹸カスが反応してできる白い汚れには市販の洗剤が全く利きません。

そこでプロの清掃業者さんが使用している洗剤をご紹介します。市販の物よりも洗浄力が高く、しつこい汚れもバッチリ落とすことができるためオススメです。

石鹸カス汚れにはバスター100がオススメ!

バスター100はプロの清掃業者さん御用達の業務用洗剤です。石鹸カスや湯垢汚れなどの浴室用専用洗剤になります。銭湯やスパ、ホテルなどの浴槽掃除に使用され、ヌメリや汚れが許されない現場で活躍しています。また、プロの現場では作業スピードが重要になるため、短時間で汚れを強力に落としてくれるのも大きな魅力の一つです。

basutar100

浴室専用洗剤バスター100のポイント

  • 時間が経って固くなってしまった石鹸カス汚れに
  • プロ向けの強力な洗剤が欲しい方に
  • 毒物劇物を使用していないため、一般の方でも使用可能

バスター100 使用事例

お風呂のイス掃除前

お風呂のイス、桶、洗面器はそれほど掃除しない場所のため汚れが溜まりがちですよね。イスにびっしりと石鹸カス、黒ずみ汚れ、ヌメリが付いているのがわかります。時間が経ってしまい、落としにくい厄介な汚れに変化しています。

お風呂のイス掃除後

バスター100を10倍希釈して全面に塗布。10分程放置したあとにスポンジブラシで洗った様子になります。厄介な石鹸カス汚れが綺麗に落ちているのがわかります。

 

バスター100 の使い方

使用できない材質

  • アルミ・ステンレスなどの金属、合金類

※薬液が付着すると変色する恐れがありますので、あらかじめシートなどを被せておいてください。

事前準備

  • 周囲に金属類がある場合は上記のように、シート等をかぶせます。
  • 十分に換気をしながら作業を行ってください。

使用方法

  1. バスター100を使用する前にたっぷり水をかけておきます。(湿った状態にしておきます。)
  2. バスター100を水で5~10倍に希釈します。(軽い汚れの場合は25倍、50倍希釈でも大丈夫です。)
  3. 希釈液が飛散しないように刷毛などを使って汚れに塗布します。
  4. 薬液を塗ったら10分ほど放置します。
  5. スポンジブラシなどで汚れを落とします。
  6. 最後にたっぷりの水で流して終了です。(効果の強い洗剤ですので、洗い流さずに長時間放置すると材質によっては変色する恐れがあります。)

使用上の注意

  • 他の薬剤と混用しないでください。
  • 用途以外には使用しないでください。
  • 作業の際には必ずゴム手袋・保護メガネを着用してください。
  • 必ず換気をしながら作業を行ってください。

応急処置

  • 万一(原液または希釈液を)飲み込んだ場合はすぐに水で口をすすぎ、コップ1~2杯の水、または牛乳、または生卵を飲ませ、医師の診断を受けてください。
  • 液が眼に入った場合はすぐに流水で15分以上洗顔し、医師の診断を受けてください。
  • 皮膚に付着した場合はすぐに水・石鹸等で洗い流してください。

バスター100ご購入はコチラ

basutar100

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 バスター100 1リットル 1リットル  2,778円
 バスター100 4リットル
送料無料
4リットル 10,584円